2017年09月27日(水)

COC+多治見プロジェクトを実施しました

 文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の一環として、8月24日(木)、25日(金)の2日間、岐阜県多治見市にて合宿セミナーを開催しました。本学学生11名、日本福祉大学学生1名の合計12名が参加しました。

 主題は「多治見市の『観光まちづくり』を考える」。まずは、市内の主要な観光地であるモザイクタイルミュージアム、美濃焼ミュージアム、永保寺等の主要観光地を見学。合わせて、多治見市の観光まちづくりに詳しい皆さんによる講義や概要説明を行いました。その講師として、多治見まちづくり株式会社の小口英二氏、多治見市観光協会の中筬里見氏、多治見市産業観光課の水野康次郎氏、そして本学教員が関わりました。

 2日目午後のグループワークは、3グループに分かれ、主題に則した課題の洗い出しと、その解決策を考えました。最終発表では、学生から「美濃焼の魅力発信強化」や「交通手段としてレンタサイクルによる観光ルート開発」等の提案がなされ、市担当者から高い評価を得ました。

 本学は、多治見市と包括連携協定を締結しております。今後も、社会連携教育のフィールドとして、多治見市での取組を継続していきます。

【本学教員の関わり】
∇小林甲一 学長              (多治見市概要説明/講義)
∇古池嘉和 現代社会学部教授   (本町オリベストリート説明及び散策ガイド)
∇野尻洋平 現代社会学部講師  (グループワークファシリテーター、学生発表担当)
∇家本博一 社会連携センター長 (総合コーディネーター)
 
このウィンドウを閉じる